〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町2-38-2 パークプラザ元町204/TEL 048-885-8241/FAX 048-885-8219/MAIL smat@aa-mat.net
 
一級建築士事務所マツザワ設計
 
 TOP   INFO   PROFILE   WORKS   MATBLOG   staffBLOG    家づくりについて   Q?   LINK   お問い合わせ  
 
 
 
 
 ” 家ってどうやってできる? ”  
 
 
 
 
 
  思いもよらなかったいい家(うち)  マツザワ設計仕様  木の家って?  家づくりの流れ  設計料
     
 
家づくりの流れ

マツザワ設計の一般的な家づくりの流れをご紹介します。
 
 
 
 
 
 
   
     
まずはお問い合わせ
紹介やHP、各種イベント等からのお問い合わせ
お気軽にご相談下さい。
カフェなどの他、毎週土曜日に無料相談を受け付けております。
先ずはメールからでも大丈夫です。
   
     
     
来所(マツザワ設計訪問)
電話やメールをいただくと、可能な限り事務所にお誘いします。
気軽に家族でおいで下さい。
もちろん電話やメールでの相談もOKです。
事務所ではいろいろお話を伺ったり、マツザワ設計の家づくりの説明をさせていただいたりします。
今までに関わった住宅のファイルや図面も見ていただきながら、いろいろな気になる点、悩み事の相談を聞きながら、出来る範囲でアドバイスさせていただきます。
契約前の相談などは無料です。
   
     
     
必要に応じて、調査企画受付や見学会参加
原則、設計監理契約をした上での調査、設計作業となりますが、敷地にどんな家が可能か不安もお有りでしょうから、希望される方には8万円で調査、企画(計画)をさせていただきます。
設計監理契約に進んだ場合は、8万円は設計監理料に含めさせていただきます。
また住宅見学会や伐採見学会などが開催される場合は、ぜひご参加下さい。
話しを聞くのとは大違いで、いろいろ実感・体感出来ます。
   
     
     
調査
来所いただいた際にマツザワ設計の住宅調書というものをお渡しします。
難しいものではなく、家づくりでこだわりたい事や夢・希望、そして今のお住まいや家族の話、持込予定家具などを書いていただき、建て主の暮らしを知って設計の計画に役立てさせていただきます。
受領後に敷地や役所での法的調査、上下水道などの調査も開始します。
   
     
     
設計監理契約
家づくりの流れを説明し、マツザワ設計と家づくりをしようという意思を確認出来ましたら、設計監理契約をさせていただきます。
契約時に契約内容はもちろんですが、今後のスケジュールやお互いの作業の確認をさせて頂きます。
通常のやり取りはメールや電話でのやり取りで、お会いした方が良い事柄は事務所、もしくはお住まい訪問で打合せとなります。
   
     
     
基本設計 計画の開始
敷地、法的調査などが済むと、計画作業に入ります。
家族の希望+敷地条件+予算など大きな項目を整理しながら、楽しく快適な住まいを提案します。
何度か行ったり来たりしながらまとめて行きますが、まとまるまでに通常2ヶ月程度は必要になります。
制約が多いほど選択肢が絞られますので、意外と早くまとまったりすることもあります。
実施設計に入る前に地盤調査や現況測量等を行います。
   
     
     
実施設計 詳細な設計の開始
間取りと言われるものが決まり、外観や仕様の大枠が決まると、次は実施設計に入ります。
建て主の希望を細かく反映し、図面通りに施工会社が見積をして、工事が出来るようにする図面です。
意匠図、電気・衛生給排水図、構造図等を2〜3ヶ月掛けて作成します。必要に応じて構造計算も行います。
実施設計段階で外壁・屋根そして内部の仕上材、照明を含む設備機器類、家具や建具、各所に使われる金物類、サッシやガラス、塗装の種類と色など、様々なものが決まります。
   
     
     
施工会社の選択⇒見積依頼
実施設計が完了すると、施工会社に見積依頼をします。マツザワ設計の場合は特命の形が多く、見積合わせという2,3社から見積を取って、比較検討する事は少なくなります。
先ずはマツザワ設計の木の家をつくる事が出来る技術を持っている必要があり、完成後も長くお付き合いするという視点から、建築する地域の信頼のおける工務店1社と交渉をします。
稀にですが、遠方で信頼できる工務店が居ない場合は、仲間の設計者に紹介してもらったりして、2,3社から選ばせていただく場合もあります。
同じものを買うのであれば、安い方を選ぶのは当然ですが、ゼロからつくり上げて行くものですので、信頼関係を築きながら家づくりを進められる相手を選びたいと思います。
   
     
     
確認申請など手続き
確認申請は工期の関係で見積と並行して行う場合と、工務店との契約が決まってから手続きを行う場合があります。
開発調整区域や農地など、特殊な事情がある場合は、事前に手続きを進めることが多くなります。
確認申請と違って、半年とか1年掛かる場合もありますので。
確認申請を済ませると、その後は構造の検査(必要に応じて)と完了検査へと進み、設計内容の変更には手続きが必要になりますので注意が必要です。
   
     
     
見積調整⇒工事契約
見積調整は必ず必要になります。希望工事額で納まれば良いのですが、どうしても夢が膨らみ、見積金額はオーバー気味になりがちです。工務店の見積書作成には3〜4週間必要で、受領後に金額調整作業(減額)としての仕様の変更や設計の変更作業が生じてしまいます。
見積内容を精査し、先ずは設計変更を伴わない減額を試みます。
その後、仕様変更、設計変更を必要に応じて行い、建て主の希望した金額に近づけ、場合によっては多少の増額を伴って、合意に達します。
金額と工期などについての合意が得られると、工事契約準備に入ります。見積内容や支払い時期などを確認し、設計者立ち会いのもと契約となります。
   
     
     
工事着工
工事契約時に地鎮祭、解体、地盤改良などの時期も決めてスタートしますが、仮住まいの手配や引っ越しは先行する事も多くなります。
地鎮祭は特に必要なものではありませんが、安全祈願も兼ねていますので、ほとんどの場合行っています。
実費で神主さんへの支払いも含め、3〜5万円程度必要になります。
特に気をつけなければならないのが、近隣挨拶です。解体前に工務店さんと一緒に廻るのが良いと思いますが、解体工事がある場合は、その前に廻った方が間違いありません。
そんな話しも、工事契約時にはさせていただきます。
地鎮祭が済むと、地縄張り、地盤改良、遣り方、土工事、基礎工事と進み、一大イベントの上棟も間近です。
   
     
     
工事監理開始
設計事務所は通常1週間に一度程度の現場定例打合せを行います。
何曜日の何時に・・・と工務店さんと決めて、多くの業者さんと現場で打合せをしながら進めて参ります。
初期は職人さんの出入りも不規則なので、工事に合わせて打合せや確認に現場に行きますが、上棟後は定期的に行く事が多くなります。
その間も建て主さんとの打合せによる、変更の対応もしながら作図や調整連絡作業が続きます。
原則、全ての情報が設計事務所に集まるようにしながら、最後まで工事が進められます。
   
     
     
上棟から
基礎工事開始から1カ月後あたりに上棟(建て方)が行われます。現場で基礎工事が進められる間に、工務店は木材の加工を進めています。
構造体はプレカットによる事が多くなりましたが、工場との打合せ等がこの簡に進められます。
上棟は建て主の都合優先で、日の良い日を選んで行われ、大体1日で全体が建ち上がります。
上棟式を行う場合は、工事後に現場で儀式と宴会が執り行われます。
職人さん達との顔合わせも兼ね、家の話で盛り上りましょう!
   
     
     
竣工・引渡し
着工から5〜7カ月後に完成を迎えます。
その間、20数種の職方が現場に出入りし、家が出来上がって参ります。
建て主さんもぜひ邪魔しない程度にご参加下さい。
今はお茶出しなど不要ですが、たまにお菓子など差し入れると、より仲良しになれそうです。
竣工すると、公的な完了検査、工務店の検査、設計事務所の検査などが行わ
れ、建て主の検査を経て引渡されます。
木の家では小さな傷や欠点はつきものです。
よくお話しするのですが、床の傷1こ2個は気になりますが、100こ200個とつくと気にならなくなりますと・・・。
木の家では味が出て参ります。じっくり楽しく快適にお暮らし下さい。
でも傷の直し方はお教えします。
   
     
     
新生活のスタート
完成すると、工務店にもよりますが、半年1年点検などを行います。
先日も10年点検に同行しました。
完成引き渡しから工務店さんとの、本格的なお付き合いが始まります。
もちろんマツザワ設計も相談にのりながら、長いお付き合いを続けさせていただきます。
   
     
     
 
 
 
 TOP / facebook / 松澤BLOG / スタッフBLOG